旧暦ではまもなく一年が終わり、新しい一年がはじまろうとしています。

冬の間に一年の農作業を振り返ってみようと思います。


宮入農場ではお米作りを主体にしているのですが、お米作りは正直誰でも出来るものだと思います。


ところが、どこまでもこだわることができるので、頭で考えたことや又聞きしたことに振り回されて、袋小路に迷いこんでしまう時があります。


本当はいたってシンプルに、正直にやればいいんだと、


それから、素晴らしい技術というのは案外身近にあって、実は一昔前は当たり前に行われていたりするものなんだと。


一年前から不耕起栽培とか自然農がとても魅力に思い、あちこち聞いて歩いたのですが、なんのことはない、すぐそばの山あいの田んぼでは、つい最近まで、似たようなことが、当たり前に行われていたそうです。

そういえば、何年か前に似たような話を聞いたような。


農業って地道なものだから、飛び回って、最後にすぐそばに一番しっくりくる答えがあるのかもしれません。青い鳥みたいな。


ただ、じっとばかりはしてられないですから、追いかけ回るのも楽しいですし。


これから、どんな風に自分の与えられた田んぼで、表現し、表現されるのか、たのしみでもあり、失敗?ドキドキでもあり。


この一年の技術的な追及の途中報告でした。


今年は天気からいえば寒い雨ばかりだったなと思うのですが、

水の一年というところでしょうか?



7月の集中豪雨では、 90歳の方曰く70年に3回あった規模の雨と冠水に遇いました。

田んぼが湖になり、農家はみんな稲を心配していました。


それでも稲はよく育つんですね。1ヶ月したら、ぐんぐん育ちました。

収穫は少なかったですが、お盆明けのぐんぐんとした姿には心踊るものがありました。


結構思い込みでものを喋るもののようです。思い込み、気を付けたいものです。